So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

KOMATSU HAPPY MELODY CONCERT延期のお知らせ [合唱]

  新型コロナウィルス感染症が拡大している状況を受け、来場者および関係者の感染防止・安全を最優先に考慮し、2020年3月1日に予定されていたKOMATSU HAPPY MELODY CONCERTを延期させていただくこととなりました。

 コンサートを楽しみにされていた皆様には、急なご案内となり、大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

komatuhappyconnsert.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

命を優先 [その他]

 コロナウィルス、マスコミの騒ぎを他人事のように思っていたのですが、そうではなくなってきました。

  子どもたちやたくさんの人たちの命を優先するため、しばらく練習を中止にすることにしました。
 アローレコンサートは延期です。

  今は適切な情報を集めることが大切です。
 万が一を考えた苦渋の選択です。

nice!(4)  コメント(0) 

町の飲み会にて [合唱]

 今日は町の団体の飲み会でした。
 田舎とは言え、海外に何年も赴任して働いた人が何人もいます。
 そんな一人に、その当時の体験を聞いてみました

 それこそ、現地の人と泥まみれになって、会社を立ち上げる話を聞きました。
 一緒に汗をかき、飲み、日曜日もなかった。それでも楽しかった。
 そんな話しを聞きました。
 グローバルな時代の先端を生きた体験だと思いました。

 そんな人にこう聞きました。
 その体験を前提に、今の子どもたちに、どんな教育をしたら良いと思う?
 するとこんな答えが返ってきました。
 好きなことを一生懸命やる体験かな・・・やらされることではなく、好きなこと。
 それを一生懸命極める体験。仕事では、そんなことが必要だから。

 なるほどなあと思いました。

 僕は合唱を通して、そんな体験をさせていきたいと思いました。
 それはやらされる練習ではなく、自分でやる練習で。
 好きなことなら、一生懸命できます。
 子どもたちが好きな合唱を極めていく手助けをしていきたい
 そう思いました。
 僕は、合唱という手段で、子どもたちの成長のお手伝いをしていきます。

nice!(2)  コメント(0) 

バッテリー交換 [幸せに生きる]

 iphone6を使っています。
 2015年5月に購入しました。
 とても便利で、今や日常に欠かせないグッズです。

  しかし、最近バッテリーの減りが超早いのです。
 朝100%だったのに、夕方には、赤信号になります。
 いろいろと設定をさわってもだめでした。

  そこで、専門のショップにみてもらうことにしてみました。
 検索してみると、うちの市でも専門の修理店が2店もあるではありませんか。

  行ってみると、ズバリ、バッテリーが原因だと言われました。
 10分で交換できますよ。
 ええええ?そんなに早く?
 そして本当に10分で交換。
 料金は7千円ちょっとでした。

 昔は、バックアップをとった上で、アップルに送って修理というのが普通だったように思います。
 便利な時代になったものです。

 見事にバッテリーの減りは、解決しました。
 やはり専門家はすごい
 身近であって、さっと問題解決。
 そういう人に、わたしもなりたい・・・。

nice!(4)  コメント(0) 

些細な行動の積み重ね [幸せに生きる]

 ここ数日、目覚ましがなったら、すぐ起きる
 これを実行しています。
 それまでは、目覚ましがなったらとめる。なったらとめるの繰り返しでした。
 しかし、やろうと決めました!!!

 2月17日の行動宣言の日です。
 すると、できました。不思議です。

 とにかくいくら眠くても布団から出てします。
 朝の時間がたっぷり取れます

 それ以外にも一つ大きな効用をみつけました。
 それは、一日を意欲的に過ごせるということです。
 「朝、すぐに起きること」が、「自分の人生を自分で意志で作るという気持ち」とリンクしているようです。
 自分の人生は、自分の意思で選んでいくということ。
 些細なことですが、朝すぐに起きるというような些細な行動の積み重ねだと感じています。

nice!(4)  コメント(0) 

大きな運をつかむ予兆 [名言]

「つらいなぁ」というのは、大きな運をつかむ予兆だと思う。そこを逃げずに踏ん張ることが大事なんだ。萩本欽一

 今日はとてもつらいことがありました。
 しかし、この名言を僕を救ってくれます。

 いろいろとあります。しかし、踏ん張ります
 自分の圧(熱)を高くして。

 その分、今日の合唱団の練習はとても楽しいものでした。
 本当に良い子達ばかりです。
 陰もあれば、もある。
 つらいことがあれば、楽しいことはよりいっそう輝き出します
 合唱団の子どもたちに、心から感謝です。

nice!(4)  コメント(0) 

漫画の世界で考えると・・・ [合唱]

  漫画が大好きでした。
 上手な絵が好きでした。
  僕の時代なら、川崎のぼる 
荒野の少年イサム。
いなかっぺ大将
巨人の星

荒野の少年イサム 1 (復刻版コミックス)

荒野の少年イサム 1 (復刻版コミックス)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/09/26
  • メディア: コミック

 しかしあまり上手でない絵でも好きな漫画がありました。
 たとえば、小林よしのり
東大一直線!大好きでした。

東大一直線〈第1巻〉 (1977年) (ジャンプ・コミックス)

東大一直線〈第1巻〉 (1977年) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小林 よしのり
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2020/02/20
  • メディア: -
 内容がおもしろい。これで勉強に熱く燃えました。

 その両方を備えた漫画もありました。
 小山ゆう
おれは直角
おーい竜馬
がんばれ元気

がんばれ元気(1) (少年サンデーコミックス)

がんばれ元気(1) (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 小山ゆう
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2012/09/25
  • メディア: Kindle版
 だ~~い好きです。
 
 こうやって漫画の世界を考えてみると、技術と思いの両輪を備えることが大切だってことがわかります。

 合唱も同じです。

 今のぼくは、例えると、小山ゆうのような合唱をつくって行きたいと思っています。

 明るい絵で、心が揺さぶられるような、感動ものが好き。

 漫画の世界で考えると、ぼくの目指すものが、良く見えてきました。

nice!(4)  コメント(0) 

大切にすること! [合唱]

うちの合唱団の練習では、いつも下の言葉を全員で言ってからスタートします。

大切にすること 
いっしょうけんめいできる子
なかよくできる子
心をひとつに

多少下手でもいい。

この3つを大切にずっとやってきました。
そんな思いのあふれる音楽をつくってこようと思ってやってきました。
しかし、知らない間に、そうでなくなってきたように思います。

うまいんだけど・・・。
グッと来ない音楽。

しかし、それではいけない。
だって、それでは感情が動かないからです。うまいんだけど、感動しない音楽。
だから原点に戻ります。
思いのあふれる熱のある音楽をつくっていきたい。
そのためには、まず僕自身が変わることです。

不器用な僕。
一生懸命だけが取り得だったはずです。

しかし、今の自分はどうか・・・。

まず僕自身がそんな姿を見せることです。

不器用だけど、思いのあふれる一生懸命な指導
一生懸命さを大切にした指導
そこから、そんな音楽を子どもたちとつくって行きたい。

一生懸命生きていきます!

今日の合唱練習で思ったことです。

nice!(4)  コメント(0) 

行動宣言! [幸せに生きる]

 強い願いは大切です。
 でも、願うだけでは夢は現実になりません。
 行動が必要です。
 それもしつこいばかりの行動が。
 だから行動します

  最近、朝がつらく、なかなか起きられません。
 目覚まし時計が鳴ると止める。鳴ると止めるの繰り返し。
 そうこうしているうちに、朝の貴重が時間が過ぎていきます。
 すると、すべて後手後手にまわります。

  朝には、僕の夢を実現するための大切なルーティンがぎっしりと詰まっています。
 だから、明日から目覚ましがなったら、すぐ起きます
 これは僕のできることです。
 大きな大会前にはルーティンにしてできていたことです。

  しかし今はできない。
 いや、しないのです。
 だから、行動します
 強く願い、行動し続ければ夢は実現する
 ここに、行動宣言をします。

nice!(4)  コメント(0) 

奇跡のリンゴ [本]

すっごくいい本と出合いました。
奇跡のリンゴです。

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/04/12
  • メディア: 文庫
りんごの無農薬栽培に挑戦した木村さんのお話です。
有名な話なので、本を読んでも得るものはないかな・・・と思っていたのですが。
本当にたくさんの学びがありました。

それはあきらめずに、やりつづけることの大切さです。

とにかく行動し続けること

しかし、成功するまでの道筋が長いこと長いこと・・・
なんと11年の年月を要したといいます。

そしてその間、2人の自分がいたと言います。
それは、できると思う自分できないと思う自分です。
その葛藤を抱えながらの11年。
一時は死ぬことも考えたと言います。

しかし、天は見捨てませんでした。
試行錯誤の中、再生のヒントを得ます。
それは見えないところ。土の中に。
豊かな自然の世界

価値観の転換があったと言います。
オレが、リンゴを育てる・・・から
リンゴが育つ、お手伝いをさせてもらっている・・・に。

僕も価値観の転換をしていきます。
子どもたちが育つ、お手伝いをさせてもらっている・・・に

元気の出る本です。

nice!(4)  コメント(0) 
前の10件 | -