So-net無料ブログ作成

合唱団員に向けて書いた文・・・自分を出す [合唱]

 今日は、合唱団員に向けて書いた文章を公開します。
ちょっぴり辛口の文章です。
 団員たちはこの文章で何を思うでしょう。楽しみです。

 合唱団員が学校生活の中でがんばっているウワサを時々耳にします。

 あるクラスで、少ない人数の合唱団員だけで低音を歌い、他のみんなが高音を歌い、二部合唱をしたって話を聞きました。すごいなあと思いました。

 全校集会では、合唱団員の「はいっ」という返事が大きく立派なので、職員室で「すごいね」って話題になったこともありました。

 クラスで、一生懸命大きな口をあけて、音楽の授業をリードしてくれる子がいるって話しも聞きました。とってもうれしく思いました。

 しかし最近、逆の話も耳にしました。
 合唱団員なのに、音楽の時間、ちっとも口を開けてうたってない。合唱団じゃない子の中にがんばっている子がいるのに・・・。

 あなたは、このことをどう思いますか。

 
 話を変えます。
 合唱というのは、長い時間練習すれば上手になると思いますか?

 正解は…校長先生に聞いて見ましょう。

 Nコン全国大会に出るような学校の中には、長い時間練習する学校がいくつもあります。
 先生が聞いた中には、朝練・昼練・夕方練の三つを毎日行っている学校があります。もちろん土日も練習です。毎日夜8時まで練習って学校もあります。

 そんな学校は、みっちりと声を鍛えたり腹式トレーニングや笑顔や表現、ハーモニーの練習もびっちりとできます。

 うちは25分の朝練と3時間の土曜練習です。練習時間は多いほうではありません。

 しかしうちと同じような練習時間で、全国レベルの学校もあります。
 練習時間が短いのに、その学校の子供達は感動的な歌を歌います。秘密はなんでしょう。

 それは、二つ。
○○ー○
○○を出すこと

 正解は

スピード
自分を出すこと

 

 実はもう一つ、秘密があるんです。なんだと思いますか。

そこの合唱団員は○○や○○○などでもがんばっている。

 正解は
そこの合唱団員は授業委員会などでもがんばっている。
のだそうです。

 特に音楽の授業では自分をどんどん出し、学級の歌声をリードしているそうです。
授業や委員会でも大活躍し、他の先生方も感心しているそうです。
 
 その学校は練習時間は短いですが、授業や委員会でもどんどん自分を出し歌を歌ったり、大きな声で発言したりして、それが合唱練習の代わりみたいになっているようなのです。

 考えると、音楽の授業は、合唱練習をするのに、とってもいい時間です。だってみんなと歌を歌い、自分を出すトレーニングが出来るんですから。また、他の授業も同じです。発言することは自分を出すことにつながっていきます。

 こんな風に普段の生活でどんどん自分を出していくと、合唱で自分を出して表現するのも得意になっていくでしょうね。

 その学校の団員たちは、合唱を通して、人間的にグーンと成長するそうです。自信を持って、中学生や上の学年に進んでいくそうです。

 先生の今年の目標は、お客さんに感動してもらえるような歌をつくること。
 単にうまいだけの歌なんてつまんないです。(眠くなります…)

 同じように、単に歌がうまいだけの子になって欲しいと思ってません。
 心がドキドキ震えるよう感動的な歌を歌える子になって欲しいと思っています。
 
 そのためのポイントはいろんな場面で自分を出すこと。
 そのことで心が成長していきます。
 だからこそ、感動的な歌声になるんだと思います。

 一心不乱に自分を出したステキな歌声を聞かせたいです。

 あなたは、今日の話を読んで何を思いましたか。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 4

コメント 2

あおいそラのした

とても大切なことがたくさん詰まった文章だと感じました。一つのことに向かうなかで、多くのことを子どもたちには感じ、成長してほしいものです!勉強になりました。
by あおいそラのした (2011-05-29 15:26) 

ムッシュ

あおいそラのしたさん、うれしいコメントありがとうございました。
合唱指導はたくさんのことが学べます。
奥が深くておもしろいです。
僕も子供達も、日々成長しております。うれしいです。
by ムッシュ (2011-05-29 19:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0