So-net無料ブログ作成

人は思われたようになってしまう [幸せに生きる]

 信頼されると、人はその信頼に応えようと、信頼されるような行動をするものです。
 逆に不信感を持たれると、その人に対し、真面目にやろうとは思えないものです。
 自分自身の体験から言えることです。

 今までいろんな管理職がいましたが、信頼されていると感じた時は、ものすごくがんばったものです。逆に、不信感をもたれていると感じる時は、仕事に関して、意欲がでなかったものです。

 これは、保護者との関係とも同様です。
 「先生、ありがとう」「先生が担任でよかったです。」なんて言われようものなら、仕事以上の情熱でがんばってしまうものです。
 逆に、クレームばかりで、やりがいをなくした年もあります。

 同じ自分なのに、相手の出方次第で、その行動は違っていました。

 これは、子供との関係でも言えることです。「この子は、なんていう問題児だ!」って思うと、本当に問題児になってしまいました。しかし、ある時点で見方をガラッと変えて、「この子は、本当にいい子なんだ」って思うと、本当にいい子になってしまった経験が僕にはあります。

 今、交流学級でいろんなクラスに出ていますが、同じ子なのに、先生によって態度がガラッと違う子がいます。それは、先生のその子への思いが、鏡のようにはね返っているように見えます。

 教師の子供への思いって、とっても大切なような気がします。人は思われたようになってしまうと思うからです。
 どうせなら、「いい子だ」と思っていたい。その方が、お互い幸せにいきていけます。

 
 では、自分のことに戻ります。
 この年になって、相手の出方によってコロコロ態度が変わるってのも、変なものです。どうせなら、どんな相手であっても、心揺れずに接していきたいものです。なにかうまい方法はないものでしょうか。

 そのポイントは、自尊心だと思います。自分って、たいしたもんだ!自分ってすごい!!っていう気持ちさえあれば、相手がどんな出方をしようと悠然と構えていることができます。でも、なかなかそうはいきません。

 そうなるためには、どうしたらよいでしょう。

 それは、自分の自尊心を高めるようなことをすればいいのです。
 自分ってすごい!自分って大したもんだっていう気持ちになれるようなことを!

 具体的に言うと、ほめ言葉を口に出して言う。
 いろんなことでほめ言葉を口にだすことで、それが、自分の脳にも伝わります。自分がほめられてるって錯覚を持ちます。すると、自分の自尊心もどんどん高まっていきます。

 「ありがとう」って言葉も効果的です。
 相手がどんなことを言っても、「ありがとうございます」って口に出して言うことで、クレームもありがたく思えます。(脳が、現実と言葉の関係をうまく処理してくれるそうです)そして、ありがたく思える自分をたいしたもんだと思えます。

 要は、相手を信頼しほめることがいっぱい見つかるような機会をつくり、ほめ言葉を言うことが、幸せに生きる方法のように思えます。
 これが今日の結論。

 人生、いろいろあります。たまにこんな風に考え、文章にすることで、幸せに生きる方法を整理できます。

 今日の記事は、僕にとって、お部屋の整頓ならぬ心の整頓のようなものです。
 誰かのお役にたてば幸いです。


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 6

コメント 8

shira

>具体的に言うと、ほめ言葉を口に出して言う。
 これこれ、これですよ。
 学校の先生って、生徒に指導しなきゃならない立場なんで、どうしても生徒にカイゼンを求める。できているところはそれでよしとして、できていないところを注意する。でも、できている部分があるというのは実はとても立派なことで、それをまずきちんと評価してあげないと子どもはしょげてしまいます。
 で、面白いことに、関係が親密になるほど、できていることを褒めるのが気恥ずかしいというか、口に出しにくくなるんですね。特に自分の家族にはなかなか言いにくいものです。ちょっとした勇気がいります。
 でも私は、いいなと思ったことはとにかく口に出そうと意識しています。そうしないと言えないから。
 いいなと思ったこと→とにかく口にする。すぐにその場で言う。
 その逆→わざわざ口にしない。どうしても伝えないといけないときでも、頃合いを見計らって言葉を選んで。
てな感じですかね。
 

by shira (2011-06-29 21:31) 

延岡ツトム

こんばんは。ふつうの企業でもおんなじですね〜。
俗な言い方ですと「相性」などといいますが、人間相手ですからお互いそういうものはあると思います。
小学校でも(完全ではなくても)専科制に近くする方がいいように思えますが現場ではそういう声はないんですかね?
学ぶ側としては担任の先生はちょっと苦手でも●●(教科)の先生なら何でも話せるみたいなこともありそうですし、理科の先生が年中白衣を着ていたりするとムード(?)が盛り上がる気がします。

by 延岡ツトム (2011-06-29 22:13) 

AYU

人は思われたようになってしまうんですね。とても大切な事を知る事ができました。ツバメサンの事も教えて頂いてありがとうございました♪文章の説明でもよ~くわかりました!
by AYU (2011-06-30 17:44) 

あおいそラのした

信頼って実は大きな力ですね。言葉にすることも大切だと再認識しました!自分の子供にも大人にも「ありがとう」が素直に何気なく伝えられるよう気を付け、そんな雰囲気のクラスにしたいと思っています。
by あおいそラのした (2011-07-02 14:26) 

ムッシュ

shiraさん、いつも鋭いコメントありがとうございます。shiraさんのコメントからさらに学ぶことが多く、いつも感謝しています。
「できているところはそれでよしとして、できていないところを注意する。でも、できている部分があるというのは実はとても立派なことで、それをまずきちんと評価してあげないと子どもはしょげてしまいます。」
まったく同感です。
できていることは、すごいことなんです。そこをまず評価してあげたいと思っています。
「いいなと思ったこと→とにかく口にする。すぐにその場で言う。
 その逆→わざわざ口にしない。どうしても伝えないといけないときでも、頃合いを見計らって言葉を選んで。」
ここも具体的ですごくいいです。即行動にうつしたいです。ありがとうございました。

by ムッシュ (2011-07-02 18:57) 

ムッシュ

延岡ツトムさん、いつもありがとうございます。
「小学校でも(完全ではなくても)専科制に近くする方がいいように思えますが現場ではそういう声はないんですかね?」
ないことはないです。ただ低学年だと同じ人がずっと子供達の様子を見てあげるってこと、大切なような気がします。
ちなみに、うちの市では毎年担任が変わっています。
また、保健の先生や級外の先生、最近ではカウンセリングの先生などがいて、子供達はそれぞれいろんなところへ行って、関っていますよ。
by ムッシュ (2011-07-02 19:03) 

ムッシュ

AYUさん、ツバメさんのことわかってくださって、うれしいです。あれって、ホント効果があります。何人もが「出た!」って喜んでます。
by ムッシュ (2011-07-02 19:05) 

ムッシュ

あおいそラのしたさん、いつもありがとうございます。
「信頼って実は大きな力ですね。」
本当にそう思います。なかなか難しいことですが、でも信じていきたいですね。

by ムッシュ (2011-07-02 19:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0