So-net無料ブログ作成

一日安全に過ごし、無事に帰す [学級]

 今日は連休明け。
 朝学校に行ってビックリ!!
 なんと特学の他の2人の先生がお休みという連絡。
 ということは、3クラス、計10人の子供達を見ることになったのです。
 普通学級だったらなんともない話ですが、
 この10人は様々なお子さんがいます。どうしようかと思いました。

 でも、なんとかなるだろうと自分に言い聞かせ、一日を過ごしました。

 ラッキーなのは、支援員の3名の方を、うちにまわしてくださったということ。
 本当にありがたいです。

 目標は、一日安全に過ごし、無事に帰すこと

 時間割を大幅に入れ替え、一時間一時間と過ごしました。

 一時間終わるごとに、安堵します。
 支援員の方々、3人で相談しては、どの子につくか、考えてくださり、面倒をみてくれました。

機嫌が悪くなると大声を出す子がいます。教室から飛び出す子もいます。自分を叩き出す子もいます。そんな子供達を見てくださいます。

 山場の給食指導には、保護者のお母さんが来てくださいました。
 心配して来て下さったのです。

 一口一口スプーンで食べさせなければならないお子さんが二名います。本当に助かりました。

 そして、ラストの一時間は、みんなを一つの教室に集め、ビデオを見て過ごしました。みんな教室にいてくれます。いいぞ。

 最後に「さようなら」って言って、返したときには、フルマラソンを走り終えた気分になりました。 長い一日でした。でも、たくさんの方々に助けてもらって、過ごすことができました。

 一日安全に過ごし、無事に帰す。

 当たり前のことですが、最も大切なことです。命を預かっているのです。この大切なことをすることの大変さを経験できた一日でした。また、命を預かっているということを認識できた一日でした。僕にとって貴重な経験になりそうです。
 まずは命を守ること。その上で、すべてが成り立つのです。

 いろんな人の助けで一日を終えました。ただただ感謝です。