So-net無料ブログ作成

最初の音楽の授業でやっていること [授業]

 少しずつ授業が始まってきました。
音楽の授業で最初の授業にやっていることを紹介します。
軽い歌遊びでリラックスさせたあと、下の二点を行なっています。

①一年の見通しを持たせる
②一年後の目標を考える。

①一年の見通しを持たせる
 うちの学校は、音楽が絡んだ行事がけっこうあります。そんなことを学年ごとにお話しします。
5年生を例にすると、こんな感じになります。

・児童音楽会
 11月頃に、学校の代表として大きな会場で歌います、1000人以上の人の前で歌います。ローカルテレビでも撮影され、1週間、毎日放送されます。

・収穫祭
 普段お世話になっているわが町防犯隊の皆さんをご招待し、歌声を披露します。昨年度は、涙を流され方がもいたそうです。

・6年生を送る会
 歌が絡んだ発表をする可能性があります。

・卒業式
 在校生の中での最高学年として、6年生を送る歌を歌う中心となります。

②一年後の目標を考える
 5年生のおわりにはどんな歌声にしたいですか?
この質問に対し、四人で話し合いし、発表してもらいました。

5年生のあるクラスでは、こんな意見が出ました。

・6年生を越えるきれいな歌声。
・感動させる歌声。
・気持ちのこもった歌声。
・泣かせる歌声。
・喜んでもらえる歌声。
・スケールの大きい歌声。

黒板に板書したものを写真に撮り、こう言います。

「わかりました。では、これを実現させるような音楽の授業をしていきます。」

そうやって、子ども達の希望に沿うような年間の授業を組み立てていくのです。

 さて、今年はなんと5年生、全クラスの音楽の授業を持つことになりました。
そこで、子ども達の希望にこたえる意味で、児童音楽会に向け、コンクールで歌うような難しい歌を選曲しました。今まで市の児童音楽会で、こんなに難しい曲を歌った学校はないと思います。

 金曜日には、その曲を少し練習しました。

 低音の音とりを少しずつ始めたのですが、なんと難しい曲にも関らず、子ども達、音をうまくとっていくではありませんか。
「すごい!!」「すごい!!」の連発!!。
子ども達もやる気満々。

 合唱の本格的な曲の指導を合唱団以外の子ども達にするのは、本当に新鮮です。

 さあ、どこまでやれるでしょうか。音楽の授業、オモシロスタートです。