So-net無料ブログ作成

今日は、けん玉クラブがありました [幸せに生きる]

  今日は、けん玉クラブがありました。
 やっぱり火がつきました。僕の心の中の火です。
  昔夢中になってやっていた時代がよみがえり、と~~~っても楽しかったのです。

 僕が昔、日本けん玉協会に入っていたのは、昨日書きました。
 それは、級を認定することができるからです。
 あの当時、僕は、学級経営にけん玉を取り入れていた感じでした。

 けん玉は、おもしろいです。
 大皿・中皿・小皿・ろうそくぐらいまでは、少しの練習でできるようになります。
しかし、とめけんあたりで、つまづきます。
 これは、玉を垂直に引き上げ、けん先で受ける技です。

 だがしかし、これも練習を重ねることで、ある時、コツがつかめます。
 一旦コツをつかんだらどうでしょう。もうかなりの確率でできるようになります。

 けん玉のおもしろさは、そこです。
 絶対できないと思っていた技でも、練習でコツをつかめば、できるようになるという体験をたくさん重ねることができるのです。
 今から考えると、これは自己肯定感を高めるために、とってもいいことだったなあと思います。

 僕自身だいぶブランクがありましたが、少しの練習で、コツを思い出し、とめけん・飛行機ができるようになりました。

 子供達の中でも、とめけんのコツをつかんだ子が何人も出ました。

「こんなおもしろいクラブ、今までなかった」
という女の子の声。

 どんどん技ができるようになり、今日が一番おもしろい日かもしれません。
 あとは練習あるのみ。

 けん玉のことを書き出すときりがありません。本当に奥が深く楽しいものです。
 しばらくけん玉に夢中な予感がします。