So-net無料ブログ作成

小松市のお祭り、どんどん音楽祭で歌いました [合唱]

 今日は、小松市のお祭り、どんどん音楽祭で歌いました。

ひさびさのコンサートです。
場所はこまつ芸術劇場大ホール。
ここはあまり響きません。

そこで、9時30分に現地集合し、しばらくは、小ホールでの声だし。
ここがよく響くのです。
ここでいい気持ちになって、大ホールで、あれ??ってなったことがよくありました。そこで10時過ぎには、会場の外で歌いました。

 お客さんのジャマにならないように、電車の通る高架橋の下で歌いました。
またここが意外と響きました。
 本当はもっと条件の悪いところでうたいたいところだったのですが、そうこうやっているうちに出演時間となりました。

今日歌ったのは、以下の曲です。

①ぼくらのエコー・・・3分30秒
②二億年ずつ23回・・・3分45秒
③ふるさと・・・2分 
④スキンブルシャンクス・・・3分50分 

 1曲目と2曲目は、Nコンで、猛練習したので、よいできだったと思います。

uvs161009-018.jpg

 3曲目のふるさとは、ふりつけに凝ってみました。
 アンサンブルコンテストで練習している曲にも使えるようにと、お互いがコミュニケーションをとりながら、手をつないで歌いました。

uvs161009-002.jpg

 最後のスキンブルシャンクスは、ソロの声がよく聞こえなかったみたいです。次に生かしていきます。

uvs161009-011.jpg

 あとで、会場にいた母さん方に聞いたところ、
「美しい声だったけど、ちょっとおとなしかったみたい。」
というものでした。
 やはり、声が十分に響いていなかったみたいです。
 コンサートが続く今、最悪の条件でも一人ひとりの声が響くように、そんな練習法を考えていきます。

 その後、僕は勤務校のブラスバンドの指揮に向かいました。
 ダブルの出演です。

 後を6年生とその保護者に任せて行きました。
 本当に今年は、6年生の子どもたちや保護者の皆さんに、たくさんお世話になっています。心から感謝です。

 このブラスの指揮が、合唱とは違った意味で楽しかったです。
 意図して、あえて練習より少し速いテンポで振りました。
 子どもたち、よくついてきました。
 問題点はたくさんありますが、聞いていた方の反応は良かったです。

 ブラスでの初の指揮体験、本当に気持ちよかったです。

uvs161009-026.jpg

(衣装換えして出ました。)

 今年は、合唱とブラスのダブル出演でしたが、感じたことは、
音楽は楽しい!!ということです。

 指揮を振っていると、その音楽に、胸沸き踊る感じがします。
子どもたちと一つになったような一体感を感じます。
 それは演奏している子どもたちも同じ気持ちでしょう。それが、音楽の気持ちよさであり、心地よさなのでしょう。そして、その一体感が会場全体に包まれたとき、いい音楽となるのだと思います。

 今日もたくさんの方々にお世話になりました。
 送迎をしてくださった保護者の皆さん
 ピアニストの先生。前校長先生。
 カメラマンを引き受けてくださった保護者の方。
 あとを引き受けてくれた6年生の子どもたちと保護者の皆さん。
 そしてがんばった子どもたち。
 合唱団もブラスバンド部も、どの子も、よくがんばりました。

 更にスタッフとして働いてくださったたくさんの先生方。
 そんなたくさんの皆さんに感謝です。
 ありがとうございました。

 子どもたちのつくりあげた音楽が、市のお祭りに花を添えました。