So-net無料ブログ作成

バッタを倒しにアフリカへ [本]

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/05/20
  • メディア: Kindle版
若きバッタ学者のアフリカ奮闘記!
本の題名を見て、最初は「バッタの話なんて」と思っていました。
しかし、レビューを読んで、評価がとてもいい。
そこで騙されたと思い、読んで見ました。
すると本当におもしろい。
まったく僕とは関係のないバッタの世界にのめりこんでいました

それは著者のバッタ研究に対する情熱。熱意。
まさに熱血研究者でした。

収入なしという悪条件の中、研究資金を得るため、試行錯誤を繰り返していること。
今まで日本人の誰一人やっていないことに挑戦していること。
大きな業績もない中、情熱だけで夢に突き進み行動している姿。

そんな所が僕を引き込んでいきました。
そして、そんな様々な体験で、著者がどんどん成長していきます。
さらに憧れの昆虫学者への道を掴んでいく様子。
わくわくとしました。

そこから学ぶことはとても多いです。

ぼくは合唱に熱い情熱を持っています。今だにその情熱が底からぐつぐつ湧いてくるから不思議です。

そして、合唱を大きな流れの中で展開できないかと考えています。

著者のバッタ研究にたくさんの人が共感したように、僕たち合唱団がたくさんの人に応援してもらえるよう、展開できないか。

 この本には、そのためのヒントがたくさん詰まっていました。

ツイッターやブログでの発信。
ニコニコ動画への出演。
バッタ研究を通して、マスコミや有識者との交流
誰もやったことのないことへの挑戦。
小さいチャンスへも果敢にチャレンジすること。
本の出版

 これらの中には、僕自身、合唱の分野でやっていることもあります。
でも、まあだやってないこともあります。

ぼくはいずれ子供たちを世界にと考えています。

だから、10周年定期演奏会を機会に、スペシャル映像を世界発信します。オリジナルな世界に挑戦します。

マスコミの皆さんにも注目してもらえるよう行動します。取材お待ちしています

合唱の広がりは、しあわせの広がり

そのために、僕も熱血でどんどん挑戦して行きます。
勇気がわいてきます。

どんな世界でも夢の可能性があると教えてくれる本です。

今日のルーティンの結果
■奉仕活動
家庭内で トイレ掃除・・・〇
練習で  くつ揃え・・・×
■ルーティン目標
私は朝一番にその日の計画をリストアップします・・・〇
私は練習計画を立てます・・・〇
私はランニングor筋トレをします・・・〇 ラン&筋トレ
私は、ストレッチ・鍵盤トレーニングをします・・・〇1001点
私はありがとうを言います・・・〇1200回
私は指揮練習をします・・・〇
私はマスク・うがい・手洗いをします。・・・〇
私は歌声を聴き分析します・・・×
私は振り返りをブログに書きます・・・〇
私はBrainDiskを聴きながら9時30分までに寝ます・・・これから

nice!(4)  コメント(0)