So-net無料ブログ作成

定期演奏会に向かって生まれたつながりの中で [合唱]

清貧と復興 土光敏夫100の言葉 (文春文庫)

清貧と復興 土光敏夫100の言葉 (文春文庫)

  • 作者: 出町 譲
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/02/07
  • メディア: 文庫
 今日は朝からこの本のオーディオブックを聞きながら、定期演奏会の準備をしました。

 正直、自分の容量を超える準備量です。

しかし、土光敏夫の業績や成し遂げる様を聞くことで、身が引き締まりました。僕はまだまだアマちゃんです。

業績不振の会社を立て直したこと。
自らが汗をかき、後姿を見せること。
そのことが、僕の刺激になりました。

会社を立て直す際、責任は、自分がとることを前提に、それぞれの部門を独立させ、自由にさせたこと。これが、すごく参考になりました。

今日の定期演奏会実行委員会では、土光さんの話を例に、こんな話をしました。

今回の定期演奏会の目標は二つあります。

一つ目は、子どもたちの笑顔と思い出づくり
子どもたちが笑顔で成長し、一生の忘れられない輝くような思い出を作ってあげたい。

二つ目は、小松から世界へ
まず合唱団の地元での認知度を高めること。そしてそれが世界へ広がっていくこと。それは子どもたちの誇り。そしてしあわせの広がりにつながっていくように思っています。

その目標に向かって、土光さんのように、それぞれの係りが独立し、自由にその目標に向かってください。して頂きたいことは大まかにお話します。しかしそれぞれの係りの皆さんが、自由に創意工夫されてください。必要なものは自由に買ったりして、準備されてください。

そうお話し、保護者の皆さんに託しました。
僕は子どもたちとの練習に専念しました。

さて、練習後、それぞれの係りの様子を見てみると、どうでしょう。
僕の予想を超えた動きが展開されています。
会場係では、既にパンフの準備を終えていました。
展示係では、会場の展示室を見に行った上で、必要なものを購入し、僕の予想を超える作業をしていました。
写真撮影では、今まで見たことのないショットで団員たちを撮影しています。
ゲスト係りでは、おやつやお茶などの用意を、僕が考え付かないような細かい配慮で計画しています。
保護者のみなさんでどんどん動いています。
そこは、熱気に包まれ、まるで文化祭の準備のようでした。

定期演奏会という目標に向かって、チームができていました。
合唱団というつながりを通して、コミュニティが生まれてきました。
目標があるから、生まれた自然なコミュニティです。
本当にうれしい時間でした。

このつながりの中にいることが、本当にうれしかったです。

子どもたちも同じなのかもしれません。一つの目標に向かって生まれるつながりの中にいるしあわせ

僕自身、子どもたち、保護者のみなさんに心から感謝です。

コマツHAPPYMELODY児童合唱団シンボルマーク.png


nice!(3)  コメント(0)