So-net無料ブログ作成

不幸はナイフのようなものだ・・・深い名言 [名言]

「不幸はナイフのようなものだ。ナイフの刃をつかむと手を切るが、とってをつかめば役に立つ」メルヴィル(アメリカの小説家)

 この名言、僕の心に深く響きました。

 いろんな事が起こります。不幸と思えるようなことも、突然起こります。今回の僕の叔父の死の知らせが、いい例です。

 突然の電話。遠方へ出かけ、葬儀からお骨収めまで一人でやらなくてはいけなくなりました。
 でも僕は、今回、たくさんのことを学びました。

・人の情の厚さ
・亡くなった父の偉大さと母の愛情
・真摯に生きる人々の存在
・死の意味について深く考えたこと
・人間の素晴らしさ

 まだまだ数え切れないことを体験し、感じました。この体験は、お金では買うことのできないことです。

 不幸の「ナイフの刃」の方をつかんでいたとしたらどうでしょう。決して、このような学びはなかったでしょう。あとには、疲労感と不平感しか残らなかったような気がします。

 一つのできごとも受け止め方次第。ナイフの「刃」か「とって」。どちらをつかむか。それは自分自身です。自分自身の選択で決まるということを体感しました。
 深い名言です。